「デスパレートな妻たち」のマーシア・クロス、ファッションセンスの無さが子どもに遺伝

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マーシア・クロス

 テレビドラマ「デスパレートな妻たち」のマーシア・クロスが、子どもたちは自分のファッションセンスのなさを受け継いでしまったと語る。

 マーシアは、2歳になる双子エデンちゃんとサヴァンナちゃんが面白みのない服ばかり着たがることを明かした。「わたし自身、洋服のセンスがまったくないの。わたしが着ているものは常にほかの誰かが用意してくれたものなの。あの子たちには少しはセンスがあるかと思って、『好きなもの着なさい』と言っているんだけど……。サヴァンナは全身ネイビー・ブルーのものしか着ないの。靴下、下着、レギンス、シャツ、すべてネイビー・ブルー。頭のリボンまでそう。エデンはグリーンのシャツと黒いズボンしか着ないわ。周囲から見るとわたしのセンスが悪いと思われるんでしょうけど、あの子たちが自分で選んでいるのよ!」と、エレン・デジェネレスのトークショーで語った。

 夫トム・マホーニーがガン闘病中のマーシアは、子どもたちには健康的な食生活を徹底しているという。「ジャンクフードは食べさせないわ。クッキーとかの存在をまだ知らないから、とても健康的なものしか食べさせていないの。誕生日にはオーガニックのカップケーキを少し与えたけど、常にヘルシーなものを口にさせるよう気をつけている。特にジャンクフードの存在を知るまでの今の期間が大事」とコメントしている。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]