りんたろう監督が『幻魔大戦』秘話!マイナーだった大友克洋を3時間かけて説得した過去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
りんたろう監督

 25日、東京・秋葉原で開催中の「秋葉原エンタまつり2009」で、1983年に公開されたアニメーション映画『幻魔大戦』のブルーレイディスク発売を記念した上映会が行われ、りんたろう監督と井上伸一郎角川書店社長がトークショーを行った。

 いまから25年以上も前の話ということもあり、会場に来るまでの電車の中で当時のことを必死に思い出そうとしてきたというりんたろう監督は、「当時は、映画は映画会社が作るもので、書店が映画を作るなんてなかった」と語り出すと、「それまでは僕自身にもどこか、アニメは30分枠のもので十分だという考えがあった。でも、(プロデューサーを務めた角川)春樹さんから話をもらって、やるからにはキャラクターもスタイルもまったく新しいものを作ってやろうと思った」と、当時の状況を回想。

 井上社長から「『幻魔大戦』のキャラクター作画は、大友克洋さんが担当されているんですよね。いまでこそ大友さんといえば有名ですが、当時はまだマイナーな存在だったように記憶してます」と、水を向けられると、次第に鮮明に思い出してきたのかトークも熱を帯び始め、「そうそう、知る人ぞ知るという存在でね。たまたま目にした挿絵に惹(ひ)かれて、その1枚を持って春樹さんに『キャラクターは彼でやりたい』と言ったんですよ。でも、彼を口説き落とすには喫茶店で3時間もかかってね。自分の絵をアニメにできるのかって不安がってた」と若き日の大友克洋の姿を明かして観客の驚きを誘った。

[PR]

 そして、「『幻魔大戦』といえば、背景の情報量のすごさに圧倒されたものです」との井上社長の言葉には、「それまでのアニメというのは、ビルならビルと分かりさえすれば良い、記号的な背景で良かった。でも、この映画では、映像にリアリティを持たせるために、大友くんと吉祥寺をロケハンしたり、西新宿の夜景を描く為にホテルのスイートルームを借りたりしたんですよ。今でこそ普通だけど、キャラクターは、服から靴までコーディネートしたりもしたし。そういう意味では、ひとつの分岐点になった、忘れがたい作品ですね」としみじみと語って思い入れの深さを感じさせていた。

『幻魔大戦』は、宇宙の破壊を企てる幻魔に対抗すべく集められた超能力者、東丈たちの苦悩と戦いを描いたSFアクション。

『幻魔大戦』ブルーレイディスクは、11月27日より角川映画より発売

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]