シャネルのダブルCマークが誕生した瞬間を目撃!ココ・シャネルのインスピレーション秘話

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
最後にシャネルのナンバー5を付けてっと……よし、完ぺき! - (C) 2008 ALCHEMY/PIX ALL RIGHTS RESERVED.

 映画『ココ・シャネル』では、世界中の女性をとりこにするシャネルのロゴである、ダブルCの秘密が明かされている。

映画『ココ・シャネル』

 世界で最も有名なブランドの一つであるシャネル。そのロゴマークとしておなじみのダブルCが、創業者ココ・シャネルの頭文字であることは広く知られている。しかし、ロゴマークがどうやって生み出されたのか、具体的なエピソードを知る人はあまりいない。その誕生秘話とは、バルボラ・ボブローヴァ演じる若かりし日のココが、Cのロゴを記した2枚の薄紙を手にしていたとき、片方の薄紙が偶然裏返り、Cのロゴが反転するのだ。そして、ココが反転したロゴと通常のロゴを何気なく重ねてみた結果、Cが対照的に組み合わさったシャネルのロゴマークが誕生するのである。希代のデザイナー、ココ・シャネルのインスピレーションが沸き上がる瞬間がリアルに描写されており、実に興味深い。

[PR]

  また、シャネルの定番アイテムといえば、裾の裏側にチェーンを縫いつけたジャケット。これは、軽い生地に重みをもたせ、ジャケットのシルエットが崩れないようにするためにココが考えたアイデア。本作には、モデルのフィッティング中にチェーンのアイデアが浮かぶココの様子が克明に描かれている。さらに、水夫服からヒントを得たマリン・ルック、動きやすさがポイントとなったジャージー・ドレス、喪服のイメージだった黒をモードな色に変えたリトルブラックドレス、ネーミングセンスも秀逸な香水のシャネルナンバー5など、シャネルのキーアイテムが完成するまでの逸話が、歴史的背景とともに紹介されているのも見逃せない。

 機能性を重視したデザインで当時のファッション界に革命を巻き起こし、今や世界中の女性があこがれる一流ブランドに成長したシャネルを裏側から映し出す『ココ・シャネル』は、ファッションの神髄を見てとれる貴重な作品だ。

映画『ココ・シャネル』DVDは、2010年1月20日より発売(税込:4,179円)
発売元:東北新社

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]