日本の女子も大熱狂!全米で社会現象の大ヒット『トワイライト』のロバート・パティンソン来日!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
女の子の目はみなハートマーク!-ロバート・パティンソン

 3日、品川インターシティにて映画『ニュームーン/トワイライト・サーガ』来日記者会見が行われ、主演のロバート・パティンソンクリス・ワイツ監督が登壇した。

映画『ニュームーン/トワイライト・サーガ』

 今回の滞在期間は3日間というロバートは「ホテルの中しか見れていないんだ。東京はユニークだから見て回りたかったな」と残念そうな表情をみせた。日本のファンについて問われると、「みんな、なぜか手紙に日本の音楽CDを同封してくれるんだ(笑)。僕のジャパニーズ・ポップスのコレクションはすごいことになってきてる」と秘話を明かし、「僕の作品の公開がない時期も、日本のみんなはたくさんの手紙をくれる。本当にうれしい」と感謝の気持ちを表した。

[PR]

  ロバートの人柄を問われたワイツ監督は「とても謙虚。演じた直後に照れ隠しで『今の演技だめだったよね』とか平気で口にするんだ(笑)。109歳のヴァンパイアなんていう設定にも、こんなにも真剣に取り組んでくれている。僕がこの作品の監督を引き受けたのは、前作での彼の演技が素晴らしかったからなんだ。勉強熱心だし、性格もいい!」と大絶賛。それを聞いたロバートは照れまくりで用意された水を一気に飲み干し、通訳があわてて2本目を差し出す一幕も。

 ロバートは「僕は今回の『ニュームーン』が、原作の中で1番好きなんだ」と語り、さらなる続編の『エクリプス』(原題)についても「ちょうど1週間前に撮影が終わったばかり。ストーリーもさらに斬新だし、アクションも増えているよ」と笑顔を見せていた。

 『ニュームーン/トワイライト・サーガ』は、ヴァンパイアのエドワード(ロバート)と離ればなれになってしまったベラ(クリステン・スチュワート)は、自分が危ない目に合うことでエドワードの幻影に会えることに気付き、自殺行為に走る。世界中が熱狂するヴァンパイアと人間の女の子のラブストーリーの続編。

映画『ニュームーン/トワイライト・サーガ』は11月28日より新宿ピカデリーほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]