佐々木希の告白した過激な体験は…援助交際?役では18歳年上の恋人、谷原章介うろたえる!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
年の差カップルを演じた谷原章介と佐々木希 - 写真:シネマトゥデイ / 高野広美

ケータイ小説史上最高のアクセス数を誇り、書籍も大ベストセラーとなった純愛ストーリーを映画化した映画『天使の恋』で過去のトラウマから人を信用することができずもいる女子高生を演じた佐々木希と、その女子高生と恋に落ちるサエない大学教授を演じた谷原章介に話を聞いた。

映画『天使の恋』写真ギャラリー

Q:今回の共演で、お互いをどんな風に思ったか教えてください。

[PR]

佐々木:谷原さんはすごく優しくて、意外なくらい面白い方です。見た目はカッコイイのにすごくおちゃめで、撮影現場では変顔をしてくれたりするんですよ(笑)。わたしは映画の主演が初めてで、撮影に入る前は不安でいっぱいだったんですけど、谷原さんはお芝居の練習にも付き合ってくださって、本当に感謝しています。

谷原:今回の共演で希ちゃんに感じたのは、撮影前のリハーサルからクランクアップするまでの、役者としての劇的な変化です。理央のように、心の中に闇を抱えながらも、天真らんまんな素直さや芯の強さなど、いろんな側面を持ったキャラクターを演じるのは、とても大変なことだったと思うんです。でも、まるでスキップをしながら階段を上がっていくような成長ぶりでしたね。人が伸びる瞬間を間近で見たのが驚きでした。

Q:ヒロインの援助交際やいじめなど、ショッキングな場面もある作品ですが、台本を読んだときの感想はいかがでしたか?

佐々木:最初に台本を読んだときは、ちょっと過激なストーリーだなと思いました。でも、わたしも理央のような気持ちを経験したことがあったので……。

谷原:ちょっと待って! その経験って、まさか援助交際じゃないよね(笑)?

佐々木:もちろん援助交際の経験はないです(笑)! でも、10代特有の反抗心を抱いたことや、友だちとの人間関係で悩んだ経験はあるし、理央に共感できる部分も多かったので、演じられるのがとてもうれしかったです。

谷原:確かにこの作品には、女の子にとってトラウマになるような経験や、よくない方向に進む遊びなども描かれていて、台本を読んだ段階ではどんな風に演出されるのか想像しかねる部分もあったんです。それが主人公につらい状況を与えるためだけのツールになるのはいやだなと思っていたんですよね。でも、演じた希ちゃんの解釈や表現が加わって、単なるショッキングな出来事ではなく、物語を形作る大切な要素になっていたので安心しました。

Q:理央と光輝は18歳も年の差のあるカップルですが、実際に年の差のある恋愛は可能だと思いますか?

佐々木:わたしは、年の差はあまり気にしないです。ただ、その男性のタイプにもよりますね。ずーっと家にいてダラダラしている男性はちょっといやだなと思いますけど(笑)、身だしなみとか生き方がカッコイイ方なら問題ないです。谷原さんのようなステキな方なら大歓迎です!

谷原:ありがとうございます! でも、僕も家ではダラダラしているかもよ(笑)。僕も正直な話、18歳年下の女性でも相手が受け入れてくれるのであれば、いくらでもいきたいですよ。プライベートでダラダラし過ぎずに、ちゃんと外見にも気を使っていればOKなら、いくらでも頑張ります!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]