舞台版『スパイダーマン』のスパイダーマン役が決定!ロックバンド、ヴォーカルのカーニー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ロックバンド、カーニーのリードヴォーカル、リーヴ・カーニー - Jean-Paul Aussenard / WireImage / Getty Images

 大ヒット映画『スパイダーマン』がブロードウェイ・ミュージカル化されるが、その主人公スパイダーマンのキャスティングが正式に発表された。

 ロックバンド、カーニーのリードヴォーカルで、俳優としても活躍しているリーヴ・カーニーがスパイダーマンことピーター・パーカー役に決まった。正式発表を受けてリーヴも、バンドの公式サイトやMyspaceのページのほか、YouTubeへも「リーヴ・カーニーはスパイダーマン!(Reeve Carney is Spiderman!)」というタイトルの動画をアップロードしている。動画のリーヴがカメラの前で信じられないといった様子なのは、スパイダーマン役を巡っては候補者に数千名の名前が挙がっていたといわれており、その中にはもちろんハリウッドで活躍する有名俳優たちの名前も含まれていたからだ。26歳のリーヴは、工藤夕貴が出演した1999年の映画『ヒマラヤ杉に降る雪』でイーサン・ホーク演じる主人公イシュマエル・チェンバーズの少年時代を演じており、来年アメリカで公開予定のウィリアム・シェイクスピアの戯曲「テンペスト」の映画化作品ではヘレン・ミレンクリス・クーパーら演技派俳優と共演することも決まっている。

 舞台版『スパイダーマン』のタイトルは「スパイダーマン:ターン・オフ・ザ・ダーク」(原題)で、ブロードウェイ史上最高の制作費を掛けて作り上げられる超期待のミュージカルだ。音楽はU2のボノとジ・エッジが手掛けることが決まっており、演出はミュージカル「ライオン・キング」でトニー賞を受賞しているジュリー・テイモアが担当し、リーヴにとっては映画版「テンペスト」に続いて再びジュリーとコンビを組むことになる。エヴァン・レイチェル・ウッドが映画版でキルスティン・ダンストが演じたスパイダーマンの恋人メリー・ジェーン・ワトソン役を、アラン・カミングが映画版でウィレム・デフォーが演じたグリーン・ゴブリンに変身するノーマン・オズボーン役を演じる。舞台は来年からニューヨークのヒルトン・シアターで上演開始される予定だ。

Carneyの公式Myspaceページ:http://www.myspace.com/carneytheband
Reeve Carney is Spiderman!動画(バンドの公式チャンネルが配信):http://www.youtube.com/watch?v=BHmzYk0XF2c

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]