吉川晃司、コンサート中、いきなり仮面ライダーに変身?ライダーがまさかの…そのまま熱唱!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
シンバルキックをする仮面ライダーW

 今年デビュー25周年を迎えた吉川晃司がNHKホールでコンサート中、突然仮面ライダースカルに変身して熱唱、約3,500人のファンのドギモを抜いた。なぜ、仮面ライダーなのかというと、吉川は12月12日(土)公開の映画『仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイドMOVIE大戦2010』にゲスト出演しているからだ。

 吉川の役どころは、「仮面ライダーW」の主人公・左翔太郎(桐山蓮)があこがれるハードボイルド名探偵であり、仮面ライダースカルへと変身する鳴海荘吉という、「仮面ライダーW」誕生の鍵を握る重要な人物だ。

 11月6日、NHKホールにて約3,500人のファンを前に熱唱する吉川の熱狂のコンサートが終わりを迎えようとしたとき、場内からアンコールの大合唱。すると、会場が暗転し、ステージ中央のスクリーンにいきなり、吉川が演じる仮面ライダースカルのシーンが映し出される。そして、そのスクリーンの下から、今回、彼が変身する仮面ライダースカルがイスに座って登場。なんとそのまま仮面ライダースカルが、まさかの熱唱を始める。

[PR]

 さらに暗転すると仮面ライダースカルが吉川へと変わる! そのまま、吉川が続きを熱唱し曲が終了。ここで、吉川が、今回の映画で弟子にあたる仮面ライダーWをステージへ呼び込み、彼の代名詞でもあるシンバルキックをWに要求するというムチャぶりをするも、Wは全力で師匠・吉川の前でシンバルライダーキックを披露してみせた。

 自身も大のライダーファンだという吉川は、この不思議なアーティスト吉川&仮面ライダー吉川のダブル吉川共演について、「子どものころから、仮面ライダーが好き。仮面ライダーの代名詞はライダーキック。一度、一緒にシンバルキックをしてみたかった。夢のようだ。コンサートで共演できて、うれしく思う。(弟子である)仮面ライダーWのシンバルキックはまだまだ。修行が必要だ」と弟子にダメ出しするも、大歓声に沸く観客に満足げな表情を見せた。

映画『仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイドMOVIE大戦2010』は12月12日全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]