エアロスミスは解散しない!スティーヴン・タイラーがジョー・ペリーのソロライブに飛び入り参加!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
仲良くライブをしているスティーヴン・タイラーとジョー・ペリー - Kevin Kane / WireImage / Getty Images

 11月10日、エアロスミスから脱退と報じられていたボーカルのスティーヴン・タイラーが、ニューヨークのフィルモアで開かれたバンドメンバー、ジョー・ペリーのソロライブに飛び入り参加し、「おれはただニューヨークに知ってもらいたいんだ。おれはエアロスミスを脱退しない」と宣言した。

 しかし、このスティーヴンの発言に一番驚かされたのはファンではなく、ステージに立っていたジョー・ペリーだったようだ。ジョーはこの出来事の後でインタビューに答えているが、この出来事が起こる前の「2日前と何も変わっていない」とも話していて、「問題はまだうやむやのまま」らしい。

 そもそも、スティーヴン・タイラーの脱退騒動は、スティーヴンがイギリスのクラシック・ロック誌に「次のプロジェクトはスティーヴン・タイラーに関する何かだ。自分自身のブランドで仕事をする。『ブランド・タイラー』だ」と語ったことに端を発していた。それを知った、ジョーが「スティーヴン・タイラーはエアロスミスを脱退した」とラスベガス・サン紙語った後に、ツイッターに「エアロスミスは解散しない」「エアロスミスは前向きに一緒に働いてくれるシンガーを探している」とコメント、この間に二人での話し合いはもたれておらず、お互いが勝手に宣言しており二人の確執は深まっていった。

 ジョーのライブのアンコールで登場したスティーヴンは、エアロスミスの楽曲「Walk This Way」を熱唱し、「疾風のように現れて、疾風のように去っていった」という。しかし、今はなによりもスティーヴンとジョーが仲直りすることが先決だろう。スティーヴンがいないエアロスミスは、きっとファンには考えられない。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]