いったい何者?客席ダイブまでする傍若無人ぶり!楽天非公認マスコット・Mr.カラスコ大暴れ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
非公認だってお構いなしさっ!

 14日、映画『カラスコライダー』が公開初日を迎え、渋谷シアターTSUTAYAで主演のMr.カラスコと出演者の渋川清彦藤川のぞみ寺内康太郎監督が舞台あいさつを行った。

映画『カラスコライダー』

 今年のプロ野球パ・リーグでは、野村克也監督のもと白熱の試合を繰り広げた東北楽天ゴールデンイーグルス。この映画では、そんな楽天の非公認マスコットであるMr.カラスコを大胆にも主演に迎え、その謎と魅力をたっぷり見せる痛快アクションだ。球場での破天荒なパフォーマンスが人気のMr.カラスコだが、この日も登場と同時に劇場内を縦横無尽に動き回り、観客にプロレス技をかけたり客席にダイブしたりとやりたい放題。その様子に渋井は思わず、「あれと一緒に芝居をしろっていうんだから、本当に大変ですよ。二度同じ動きがないので……」と苦笑い。その間にもMr.カラスコはゲストのマイクを奪い取ったり音声機材にイタズラしたりと、球場さながらの大暴れっぷりを見せていた。

[PR]

 劇中では、楽天のマー君こと田中将大投手や岩隈久志投手らスポーツ界の有名人による証言を基に「Mr.カラスコとは一体何者か?」という大きな謎に迫っていく。寺内監督は「その答えは映画の中で明らかになるというつもりだったのですが……結局、よくわからなかった!」とMr.カラスコの素性は一筋縄では解明できないよう。観客へのイタズラに夢中になっているMr.カラスコを横目に、「カラスコさんに新しい動きがあれば、2作目もぜひ作りたい」と意欲を語っていた。

 本作は、映画監督・寺内が東北楽天ゴールデンイーグルスの未公認マスコット・キャラクター「Mr.カラスコ」を主人公に映画制作を進めるなかで、Mr.カラスコの謎が明らかになっていく痛快アクション・ムービー。

映画『カラスコライダー』は渋谷シアターTSUTAYAにて公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]