世界の終末描く『2012』ジャパンプレミア開催!天候には恵まれないけど、世界的大ヒット中!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
雨の中『2012』ジャパンプレミア開催!

 17日、六本木ヒルズアリーナで映画『2012』ジャパンプレミアが開催され、主演のジョン・キューザックアマンダ・ピートモーガン・リリーリアム・ジェームズ、プロデューサーのハラルド・クローサーローランド・エメリッヒ監督らが登場した。

映画『2012』写真ギャラリー

 今シーズン最大の冷え込みを記録したこの日は、朝からの雨が降り止まず、会場となったアリーナに冷たい雨が吹き込む最悪のコンディション。実は今年7月に「エメリッヒ監督と一緒に皆既日食を観る」という来日プロモーションが敢行された際も、曇り空のせいで肝心の日食観測ができなかった。つくづく天候に恵まれない本作だが、地球滅亡をもたらす天変地異を描いた内容だけに、この日の大雨も終末観を絶妙に演出しているように見えた。すでに世界全体で200億円を超える興行収入をマークしている本作にとっては、恵みの雨ともいえそうだ。

[PR]

 主演を務めたジョンは、映画の好調ぶりも手伝ってか、ファンからのサイン攻めにも快く応じ、終始ご機嫌。「ここ東京で、プロモーションの最後を飾れるのはとても光栄」と満足げな表情を浮かべ、エメリッヒ監督も「災害を描いた作品だが、テーマは家族愛」とキャリア最高傑作との呼び声高い本作を日本のファンに向けてアピールしていた。

 『2012』は、2012年12月21日に世界が滅亡するというマヤ暦の予言をベースに、全世界を巻き込む大惨事を驚異のVFX映像で描いたスペクタクル超大作。すでにテレビシリーズ化も進んでおり、映画の後日談を描く予定であることが明らかになっている。

映画『2012』は11月21日より丸の内ルーブルほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]