ペネロペ・クルス、自宅で一人カラオケ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
一人カラオケとは! -ペネロペ・クルス

 新作映画『ナイン』で歌って踊らなければならないペネロペ・クルスが、役作りのためカラオケで練習していたという。

 「カラオケを持っているのよ! でも、歌うのは恥ずかしいから一人でやるのが好き。でも、一人カラオケって何かみじめなのよね。ただ、一人でやってるとソファの上でノリノリになったりできる。何回かそういうところを見られちゃったけど」とアクセス・ハリウッドに語った。

 『ナイン』にはダニエル・デイ・ルイスニコール・キッドマンジュディ・デンチソフィア・ローレンケイト・ハドソンなどが出演。そんな豪華キャストの中、本番で「ア・コール・フロム・ザ・バチカン」を歌わなければならなかったとき、共演者はとても協力的だったという。「撮影現場にはとてもいいエネルギーが流れていた。共演者の一人が歌って踊るという緊張のシーンがあることを全員が理解してくれていた」とペネロペは語っている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]