脂が乗った裸体にキリストの入れ墨!キアヌ・リーヴス、15歳年上の熟女と激しい熱愛を熱演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
キアヌ・リーヴスにタトゥー - (C) Lam Duc Hien,Photographer (C) Central Films Sarl,Morena Films SL,BetterWide Limited,Lumiere International limited,LBF10Limite.2009,Studio Canal,All Rights Reserved.

 脚本家のほかに小説家としても活躍するレベッカ・ミラーが監督で、ロビン・ライト・ペンとキアヌ・リーヴス演じる男女が恋に落ちる映画『50歳の恋愛白書』の劇中で、キアヌ・リーヴスが裸体に見事な入れ墨を入れている姿が公開された。

映画『50歳の恋愛白書』

 物語の設定はキアヌが35歳の男性、ロビンが50歳の女性。そんな年の差の男女が出会い、恋に落ちてゆく。この映画がすごいのはまずキャスト陣の豪華さ。キアヌとロビンのほかにジュリアン・ムーアウィノナ・ライダーマリア・ベロモニカ・ベルッチブレイク・ライヴリーなど知名度、実力ともにハリウッドのトップクラスがそろい、ブラッド・ピットも製作陣に名を連ねている。

[PR]

 キアヌは本作で15歳年上の女性とのベッドシーンのほか体中に見事な入れ墨を入れたキャラクターという、新境地を開いている。特にキアヌの脂の乗った裸体に施されたイエス・キリストの入れ墨は見事! 本物の入れ墨と見間違うほど精巧で、プロの入れ墨師が3人がかりで合計4時間かけてステンシルとペンで描いた。施した入れ墨師によるとキアヌはこの入れ墨のデザイン・コンセプトに興味津々で、作業中は辛抱強く待ってくれたそうだ。

 映画『50歳の恋愛白書』は、すでにベルリン国際映画祭に始まり、トロント国際映画祭、ドービル・アメリカ映画祭、シドニー映画祭、エジンバラ国際映画祭など数々の世界各国の映画祭で上映され、アメリカでも批評家からかなりの好評価を得ている。

2010年2月、TOHOシネマズみゆき座ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]