柳楽優弥がハーフ美女の豊田エリーと来年結婚!高校の先輩で同じ事務所

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
来年は20歳! 大人になっていく柳楽優弥をお楽しみに!

 14歳のときにカンヌ国際映画祭で最年少で最優秀男優賞を獲得し、来年1月公開の映画『すべては海になる』で主演を務める柳楽優弥が、同じ所属事務所の豊田エリーと結婚することがわかった。

映画『すべては海になる』

 関係者によると、交際期間は4年。同じ堀越高校に通っていたことと、所属事務所も一緒だということもあり親しくなり、卒業後も交際を続けていたらしい。結婚は来年早々を予定している。

[PR]

 急な展開だけに、できちゃった婚とのうわさもあるが、所属事務所によると「豊田エリーは、妊娠していない」とのこと。交際期間も長いため、柳楽が成人を迎える年を待っての入籍になったとも考えられる。なお本件についての会見などは特に予定していないとのこと。

 豊田エリーは、現在20歳で柳楽より1歳年上。父親がイギリス人、母親が日本人のハーフで、柳楽と同じスターダストプロモーションの所属。non-noやan・an 、CUTiEなどでモデルとして活躍し、映画『銀色のシーズン』『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』などで女優としての顔も持つ。

 一方、柳楽は、2004年カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された映画『誰も知らない』で、当時14歳で史上最年少で最優秀主演男優賞を受賞して以降、『星になった少年 Shining Boy & Little Randy』『シュガー&スパイス 風味絶佳』『包帯クラブ』などの映画で主役を務め順調にキャリアを伸ばしてきたが、2007年の『包帯クラブ』以降体調を崩し、一時活動を控えめにしていたが、その間も柳楽の原案で小説「止まない雨」を発表するなど活動の幅を広げていた。特にこの「止まない雨」はフィクションだが、自身の恋愛体験も投影したと語っており、恋人に対する情熱的な感情や相手に対する思いやりが表現されており、柳楽の恋愛観がわかる。

 今年に入ってからは、『戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH』で久しぶりにスクリーンに復帰し、一皮むけた姿を披露。来年は、1月23日に佐藤江梨子と共演する『すべては海になる』の公開が控えるなど、仕事もますます順調。海外作品への参加も予定されている。私生活で基盤を固めた柳楽が今後どのような演技を見せてくれるか楽しみだ。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]