グウィネス・パルトロー、トビー・マグワイア製作の映画でカントリー歌手役を

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
高い歌唱力が評判みたいです! -グウィネス・パルトロー

 大ヒット作品の続編映画『アイアンマン2』の公開が楽しみなグウィネス・パルトローが、トビー・マグワイア製作の新作映画へ出演するとハリウッド・レポーター紙が伝えた。映画のタイトルは『ラブ・ドント・レット・ミー・ダウン』(原題)で、人気急上昇中の若手シンガーソングライターが、落ち目の女性カントリー・シンガーの復活を手助けするストーリーだ。グウィネスはカントリー・シンガー役を演じ、『エラゴン 遺志を継ぐ者』の若手男優ギャレット・ヘドランドがシンガーソングライターを演じる。歌手フェイス・ヒルの夫で、カントリー・シンガーのティム・マッグロウが、グウィネスの夫でマネージャーでもある男性役で共演し、「ゴシップガール」のレイトン・ミースターがミスコン出身の美人歌手にふんする。トビーはジェンノ・トッピングと共に自身の制作会社マグワイア・エンターテイメントのもと本作をプロデュースし、シャナ・フェステ監督が自らの脚本のもとメガホンを取る。撮影は来年からテネシー州ナッシュビルで行われる。

 ロックバンドコールドプレイのボーカル、クリス・マーティンを夫に持つグウィネスだが、彼女もまた素晴らしい歌の才能を持っているのはあまり知られていない。グウィネスが出演した父ブルース・パルトロー監督の映画『デュエット』では、彼女はカラオケ大会へ出場するショーガールを演じ、名曲「ベティ・デイビスの瞳」を見事に歌い上げ、歌手のヒューイ・ルイスベイビーフェイスともデュエットをしている。グウィネスが歌った「ベティ・デイビスの瞳」は彼女の歌唱力の高さからシングルカットされ、欧米でヒットした。以前から歌手デビューのうわさのあるグウィネスだが、本作でのカントリー・シンガー役で再び音楽界からのラブコールが相次ぐことは間違いないだろう。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]