ヒーロー対決を制したのは『ONE PIECE』!『仮面ライダー』が2位で『ウルトラ銀河伝説』は5位!

映画週末興行成績

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD』 - (C) 尾田栄一郎 / 集英社・フジテレビ・東映アニメーション (C) 「2009 ワンピース」製作委員会

 初登場で首位を獲得した映画『ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD』が驚異的な勢いを見せている。

映画『ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD』写真ギャラリー

 前売り券が爆発的売り上げを見せるなど、公開前から大ヒットの予感はあったが、いざ公開となると初日の全上映回が満席となる劇場が続出し、さらに渋谷の劇場では2,000人もの行列ができた。劇場側がパニックに陥るほどの混雑を各地で引き起こし、予想を超えた勢いに驚きを隠せない関係者も多かったようだ。

[PR]

 土日2日間で、動員82万人、興収10億3,800万円という驚異的な数字をたたき出した本作。全国188スクリーンという公開規模は決して大きいものではなく、今夏に全国844スクリーンで公開し、興収80億円を記録した映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の初週土日興収9億9,000万円を抜き、今年の下半期ではナンバーワンの成績となった。本作のヒットの要因として、原作者尾田栄一郎が初の製作総指揮を務めたことと、さらに「ONE PIECE」コミックスの0巻が入場者にプレゼントされていることなどが挙げられる。

 2位は映画『仮面ライダー×仮面ライダー W(ダブル)&ディケイドMOVIE大戦2010』。安定した人気を誇る「仮面ライダー」シリーズの最新作は全国292館で公開され、初日2日間で動員39万人、興収4億5,000万円を記録。そして3位は映画『カールじいさんの空飛ぶ家』。先週の1位から2ランクダウンだが、3D版も好調で、子どもだけでなく幅広い層の支持を集めている。映画『2012』は2ランクダウンで4位となっている。

 5位には人気シリーズの最新作、総勢100体の大怪獣軍団とウルトラ戦士との一大決戦を描く映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』が初登場。6位には主演のジョニー・デップ来日などで公開前にしっかりと作品をアピールした映画『パブリック・エネミーズ』がランクイン

 続いて初登場7位は日本のSFアニメの金字塔を26年ぶりに復活させた映画『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』、8位は映画『Disney'sクリスマス・キャロル』、9位は映画『なくもんか』、そして全世界25か国から上映オファーがあったことも話題となった、12歳のジャニーズJr.森本慎太郎の初主演映画『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』は10位発進となった。

 今週末は正月興行の本命の一つといえる映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』が登場。『ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD』とのし烈なトップ争いが繰り広げられそうだ。(ランキングなどは興行通信社調べ)(取材・文:壬生智裕)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]