『プレシャス』 アフリカ系アメリカ人批評家協会の最優秀映画に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『プレシャス』(原題)より

 アフリカ系アメリカ人批評家協会(AAFCA)が2009年の最優秀映画に、映画『プレシャス』を選んだ。

 また、同映画の監督リー・ダニエルズが最優秀監督に、モニークが最優秀助演女優に選ばれている。これらは全米のアフリカ系アメリカ人のメディア関係者の投票で決まるが、モニークにいたっては、初の全米全員一致という快挙で選ばれたとのこと。最優秀助演男優には批評家に大人気の映画『ハート・ロッカー』のアンソニー・マッキー、最優秀主演男優にはクリント・イーストウッド監督の映画『インビクタス/負けざる者たち』でネルソン・マンデラを演じたモーガン・フリーマンが選ばれている。最優秀主演女優は映画『アメリカン・ヴァイオレット』(原題)のニコール・ベハリー。また、同協会はマイケル・ジャクソンの特別な功績もたたえている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]