板尾創路、初監督作が台湾での配給決定!アジア太平洋映画祭でも賞賛の嵐

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アジア太平洋映画祭に登場した板尾創路監督

 18日、板尾創路の初監督作映画『板尾創路の脱獄王』が第53回アジア太平洋映画祭で上映され、台湾の観客から絶賛された。

映画『板尾創路の脱獄王』

 同映画祭に出席した板尾監督は「台湾のたくさんの方々に今回の映画祭でご覧いただけたこと、それと、何より台湾で上映が決まったのがうれしいです! 日本も、もちろんですが、台湾の皆さんにたくさん観てほしいです」とコメント。上映後にティーチインも行われたが台湾の観客は、こぞって板尾に質問するなど大盛況だった。

[PR]

 なお、本作は台湾での公開も決定し、世界配給への第一歩を踏み出した。

 『板尾創路の脱獄王』は、脱獄を繰り返す男と、彼を追う看守との攻防を描き、ラスト3分に衝撃の結末が襲う異色エンターテインメント作。主人公を追う看守を演じているのは、日本映画界の名優・國村隼。そのほか人気芸人たちが友情出演を果たしているのも見逃せない。

映画『板尾創路の脱獄王』は2010年1月16日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]