新春は『アバター』がV2で30億を突破!マイケル・ジャクソンも10位に再浮上!!‐1月4日版

映画週末興行成績

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
まさに快挙ね……映画『アバター』より - (C) 2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.

 興収20億円以上を稼ぐ大ヒット作が続々と登場している新春初めのベストテンランキング。今年の正月興行は大漁続きで、関係者もホッと一息といったところだろう。

映画『アバター』写真ギャラリー

 3D元年と呼ばれた2009年のトレンドの継続を象徴するかのように、3D超大作の映画『アバター』がV2を飾った。映画『タイタニック』超えと言われた初日の興収ペースの勢いをそのままに、2週目にして早くも累計30億円を突破。しばらくは大きなタイトルの作品の公開も少ないため、今後も快調なペースで成績を積み重ねると思われる。2位は映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』が同順位をキープ。さらに公開5週目で37億円の大ヒットを記録した映画『カールじいさんの空飛ぶ家』は3位にワンランクアップ。4位の映画『ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD』は公開4週目で『カールじいさんの空飛ぶ家』に迫る興収を見せている。そして映画『釣りバカ日誌20 ファイナル』がワンランクアップの5位と健闘。

[PR]

 6位は映画『仮面ライダー×仮面ライダー W(ダブル)&ディケイドMOVIE大戦2010』、7位は映画『2012』。また8位は映画『ウルルの森の物語』が先週の圏外13位からランクアップ。昨年末に突然の芸能界引退宣言を発表した女優の桜井幸子出演作ということで、改めて注目を集めたと思われる。そして9位は映画『映画 レイトン教授と永遠の歌姫』、10位は映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』となった。ファーストランで興収44億円を記録した本作は、配給会社ソニーピクチャーズのラインナップの中でも最大のヒット作となり、7位の映画『2012』と共に、洋画配給会社の中で同社が初の年間首位を獲得する原動力となった。さらに1月9日からは拡大公開でスクリーン数も増える予定で、さらなるヒットが期待されている。

 今週末は映画『彼岸島』『ソフィーの復讐』などが公開。『アバター』の独走態勢がどこまで続くのか注目だ。(ランキングなどは興行通信社調べ)(取材・文:壬生智裕)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]