結婚後、配偶者以外を好きになった経験は44パーセント!シニア世代女性は隠れ肉食系?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『50歳の恋愛白書』より - (C) Lam Duc Hien,Photographer (C) Central Films Sarl,Morena Films SL,BetterWide Limited,Lumiere International limited,LBF10Limite.2009,Studio Canal,All Rights Reserved.

 シニア世代を生きる女性が年下男性との恋を通して、第二の人生を謳歌(おうか)する姿を描いた映画『50歳の恋愛白書』の公開を前に、50歳以上限定のポータルサイト「50ism」が既婚者会員100名(男性50名:女性50名)を対象に、恋愛に関するアンケート調査を実施。その結果、50代女性の隠れ肉食傾向が明らかになった。

映画『50歳の恋愛白書』写真ギャラリー

 まず「あなたは恋愛において肉食系か」という質問に、男性の50パーセントが「自分は肉食系」と回答したのに対して、女性はわずか22パーセントしか自分のことを肉食系とは思っていないという結果が出た。ところが「あなたは結婚してから、配偶者より好きな人がいた時期がありますか」と質問すると、44パーセントの女性が「ある」と回答(男性は56パーセント)。肉食系という自覚はなくとも、既婚者にもかかわらず夫以外の男性に思いを寄せてしまう、いわば「隠れ肉食系」の女性が思いのほか多いのだ。

[PR]

 理想の異性像にも男女で大きな違いがあることがわかった。男性が「控えめな人」「素直な人」「男を立ててくれる」など漠然としたイメージを抱いているのに対して、女性は「小さなことには動じない広い心を持ち、女性のすることを温かく見守ってくれる人」「普段は優しくて頼りなさげだけれど、肝心なときにはしっかりとリードしてくれる」「女性の言うことをおとなしく聞き、重要なところできちんと物事を処理できる力を持っている男性が良い」など、かなり具体的な理想を描いている。

 男性に求める理想が高い分、ときには配偶者以外に心が動いてしまうこともあるようだ。このあたりの心情は、単にガツガツしている若い世代の肉食系女子とは大きく異なるポイントなのかもしれない。そんなシニア世代の女性が抱く積極的な恋心と揺れる思いを描いた映画『50歳の恋愛白書』。人生の後半戦をあきらめることなく、輝かせようとするヒロインの姿は多くの中高年女性にエールを送ってくれるはずだ。

 『50歳の恋愛白書』は50歳の良妻賢母ピッパ(ロビン・ライト・ペン)が、15歳年下の男クリス(キアヌ・リーヴス)との新たな恋を通して、新しい人生の始まりを迎える姿を豪華キャストで描く人間ドラマ。オスカー俳優、ダニエル・デイ=ルイスの妻であるレベッカ・ミラー監督がメガホンをとった。

映画『50歳の恋愛白書』は2月5日よりTOHOシネマズみゆき座ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]