リース・ウィザースプーンとブラッドレイ・クーパー主演のラブコメの監督にマックG?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マックG監督 - Frank Micelotta / Getty Images

 クリスチャン・ベイルを主演に迎えて期待されたシリーズ4作目『ターミネーター4』が酷評され、同作を製作して多額の負債を抱えたハルシオン・ホールディング・グループが『ターミネーター』シリーズの権利を売却することを決めたにもかかわらず、いまだ続編でもメガホンを取りたいと意欲を示しているマックG監督。

 そんなマックG監督に助け舟を出すかのように、20世紀フォックスが新作映画『ディス・ミーンズ・ウォー』(原題)の監督としてマックGと交渉中であると業界紙ハリウッド・レポーターが伝えた。同作は、すでにリース・ウィザースプーンブラッドレイ・クーパーの主演が決まっており、同じ女性に恋をした親友同士の争いをコミカルに描くラブコメディとなる。マックG監督にとってラブコメディ映画は初めての挑戦となるが、『チャーリーズ・エンジェル』シリーズにちりばめられたユーモアから、おしゃれで楽しい映画を作ってくれそうな予感がする。本作は、1998年に20世紀フォックスが脚本を買い付け、映画化を進めてきた企画で、当初はマーティン・ローレンスが主演に決まっていた。リースをめぐってブラッドレイと争う、もう一人の主演男優が誰に決まるか気になるところだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]