35歳のディカプリオ、自分を若いと言いかけ訂正『シャッター アイランド』ワールドプレミア

第60回ベルリン国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
第60回ベルリン国際映画祭に登場したレオナルド・ディカプリオ - Photo:Yukari Yamaguchi

 2月13日、第60回ベルリン国際映画祭でワールドプレミアが開催される映画『シャッター アイランド』のマーティン・スコセッシ監督、主演のレオナルド・ディカプリオらが会見を行った。

映画『シャッター アイランド』

 スコセッシ監督と仕事をするようになって10年になるというディカプリオは「僕らのような……(若いと言いかけて)もう若くはないね、まあ、比較的若めの俳優にとって、スコセッシ監督と仕事ができるのは願ってもないことなんだ。僕はスコセッシ監督の仕事で成長してきた」と監督を称えた。ちなみにディカプリオは今年36歳(現在は35歳、11月に36歳)になる。「“大人の俳優に脱皮”みたいな言い方は好きじゃないけど、ターニング・ポイントとなった作品は『アビエイター』だよ。違うレベルの責任を持つようになった」と、これまでの仕事を振り返った。

[PR]

 父親ほども年の違う監督だが共通点は「2人ともイタリアのデザートが好きなことだよ!」と冗談で答えたディカプリオは、実際に父親と監督が近所に住んでいて同じ学校に通ったこともあることを明かした。父親はスコセッシ監督同様にイタリア系だが、母親はドイツ系のディカプリオは本作中、流暢なドイツ語を披露してもいる。

 スコセッシ監督が「この作品の背景の50年代はパラノイア的な時代だった。そして現代もそうだ」という本作は、隔離病棟のある島へ、患者の失踪事件の調査に乗り込んできた男の物語。スリリングな展開に目を離せなくなるが、最後の大どんでん返しで評価が分かれそうだ。プレス試写では拍手とブーイングが同時に起こった。

 『シャッター アイランド』は4月9日より公開(取材・文:山口ゆかり / Yukari Yamaguchi)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]