藤田まことさん、大動脈瘤破裂のため死去 昨年のおおさかシネマフェスティバル表彰式では「生きててよかった」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
おおさかシネマフェスティバルで主演男優賞を受賞した藤田まことさん

 俳優の藤田まことさんが17日、大阪府内の病院で死去した。76歳だった。

 テレビ時代劇「必殺仕事人」シリーズや「はぐれ刑事純情派」など息の長いヒット番組に出演し、渋い演技を見せた藤田さん。1960年代には喜劇俳優として人気を博し、出演したテレビ番組「てなもんや三度笠」は一世を風靡(ふうび)した。

 その後当たり役となった「必殺仕置人」の中村主水を得て、シリアス俳優として活躍。穂積隆信によるノンフィクションベストセラー小説を基にした映画『積木くずし』や、B級戦犯として裁かれた東海軍司令官の岡田資中将を演じた映画『明日への遺言』、黒澤明監督の名作をリメイクした映画『椿三十郎』など、テレビだけにとどまらず話題の映画にも出演。

 最後の主演映画『明日への遺言』では、おおさかシネマフェスティバルで主演男優賞を受賞。昨年3月に大阪歴史博物館で行われた表彰式では「生きててよかった。長い間、俳優をやっているが、映画で賞をいただくのは初めてです」と受賞の喜びを語り、続けて「さすが大阪の皆さん。ぼちぼち(賞を)やっとかんと、(この世から)おらんようになるで、とお情けでいただいた」と冗談交じりのコメントで会場を沸かせるなど、元気な姿を見せていた。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]