ケヴィン・コスナー、戦争映画で監督業に復帰

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ケヴィン・コスナー

 2003年の西部劇映画『ワイルド・レンジ 最後の銃撃』以来、メガホンを取っていないケヴィン・コスナーが久々に監督業復帰することが明らかになった。エンターテインメント・ニュースサイトZap2Itやdigitalspyなど複数のメディアが伝えたところによると、ケヴィンが新作映画『ア・リトル・ウォー・オブ・アワ・オウン』(原題)で監督と主演を務めるとのこと。本作は、ケヴィンが長年温めてきた夢の企画で、第二次世界大戦中を舞台に、血なまぐさい暴動に巻き込まれないように町を守る地元の保安官を主人公とした物語だ。脚本は、映画『ザ・ハリケーン』のダン・ゴードンが執筆し、撮影は今年末から開始される見込みだ。

 ケヴィンは、初監督映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』でアカデミー賞作品賞・監督賞を含む7部門を受賞する快挙を成し遂げたが、続く第二回監督作品の映画『ポストマン』はゴールデンラズベリー賞の最悪監督賞・最悪主演男優賞を含む5部門に選ばれる不名誉を受けている。第三回監督作品である映画『ワイルド・レンジ 最後の銃撃』は高い評価を受けており、本作で監督としても俳優としても返り咲いてもらいたいものだ。また、ケヴィンは本作のほかに、映画『ホライズン』(原題)という西部劇を監督作品として企画している。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]