アマンダ・セイフライド、キャサリン・ハードウィック監督の「赤ずきんちゃん」を題材にした映画で主演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
“トワラー”こと『トワイライト』シリーズのファン必見?-アマンダ・セイフライド - Pascal Le Segretain / Getty Images

 世界中でヴァンパイアブームを巻き起こした映画『トワイライト~初恋~』の監督キャサリン・ハードウィックがメガホンを取る、童話「赤ずきんちゃん(赤ずきん)」を題材にした映画の主演女優が明らかになった。

 ロサンゼルス・タイムズ紙が伝えたところによると、レオナルド・ディカプリオが主宰する制作会社アッピアン・ウェイとワーナー・ブラザースによって製作される映画『ザ・ガール・ウィズ・ザ・レッド・ライディング・フード』(原題)に、『マンマ・ミーア!』のアマンダ・セイフライドが主演を務めるとのこと。本作は、昨年の夏ころから製作が進められている注目作で、グリム童話や民話などで知られる童話「赤ずきんちゃん」をゴシック風の現代映画としてよみがえらせようとしている。「赤ずきんちゃん」といえば、おばあさんの家へお使いにいった少女が森でオオカミと出会い、先回りしたオオカミはおばあさんを食べてしまったうえに、おばあさんに化けて少女までも食べてしまうというのが大まかなあらすじだ。スタジオ側としては、この誰もが知っている童話を、ハードウィック監督がメガホンを取った『トワイライト~初恋~』のようにダークで、危険な香りのするロマンティック要素を含んだファンタジー映画として製作し、トワイライトシリーズに夢中になっている女性ファンにアピールしようと考えているようだ。デヴィッド・ジョンソンが執筆した脚本を、現在もジョンソンとハードウィック監督がリライトしており、世界中で広く知られている「赤ずきんちゃん」をどのようにアレンジするか楽しみである。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]