東山紀之と交際中の木村佳乃、ワイルドな黒のミニスカドレスで幸せいっぱい!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
幸せオーラで輝いています! -木村佳乃

 22日、文京区の東京ドームシティで映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』のジャパン・プレミアイベントが行われ、主演のローガン・ラーマンクリス・コロンバス監督、本作プロデューサーのマイケル・バーナサン、日本語吹替版を担当した木村佳乃稲葉友、そして本作の応援団長を務める狩野英孝らが登場した。

映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』写真ギャラリー

 上映に先立って行われたレッドカーペットイベントに登場した木村は、少年隊の東山紀之との交際を発表したばかり。「(劇中でユマ・サーマンが演じ、木村が声を吹き替えた)メデューサをイメージした衣装を選びました」とコメントした通り、ワイルドな黒のミニスカドレスで登場した。レッドカーペットを歩く姿も、優しい笑顔がまぶしく、幸せいっぱいといった様子だった。

[PR]

一方、ローガン、監督、プロデューサーの3人は初来日となる。コロンバス監督は「ようやく念願かなって日本にやって来ることができました」と喜びを伝えると、ローガンも「この映画を誇りに思っているので、お楽しみに!」と観客に呼びかけていた。
 
 そしてこの日は、本作の吹替えで芸能界デビューを果たした第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストグランプリの高校2年生、稲葉も登場。ガチガチに緊張している様子の稲葉について、司会者から「初々しいですね。木村さんもちょっと前を思い出すでしょ」と振られると、木村は「だいぶ前」とポツリ。サバサバした木村の様子に笑いが起きていた。そしてその後、実家が1,500年以上の歴史を持つ桜田山神社で、まさに神の子ということで本作の応援団長に選ばれたお笑い芸人の狩野英孝が神社の神主の衣装で登場。狩野の「パーシー・ジャクソンが大ヒットしますように!」という掛け声と共に、会場全員で2拍手1礼を行い、大ヒットを祈願した。

 本作はアメリカでベストセラーとなった児童文学「パーシー・ジャクソン」シリーズ
を、映画『ハリー・ポッター』シリーズの第一弾と第二弾でメガホンを取ったクリス・コロンバス監督が映画化した奇想天外なファンタジー・アドベンチャー。神と人間のハーフ
である少年がたどる冒険の旅を描く。

映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』は2月26日から全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]