セクシー男優ベニチオ・デル・トロ来日!草食系か肉食系か聞かれ「コウベビーフ」と答えて場内爆笑!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ベニチオ・デル・トロ来日!

 3日、ザ・ペニンシュラ東京にて、映画『ウルフマン』来日記者会見が行われ、主演のベニチオ・デル・トロが出席した。ベニチオの来日は映画『チェ 28歳の革命』『チェ 39歳 別れの手紙』以来、約1年3か月ぶりとなる。

映画『ウルフマン』

 満月の夜にウルフマンに変ぼうしてしまう主人公にちなんで、今回は満月の時期に合わせて来日したというベニチオ。「(来日して)いい気分だよ。日本は映画文化を大事にして、作品を理解してくれるからね」とニッコリ。「目で妊娠させる」セクシー男優と言われるベニチオは、「ベニチオさんのようなセクシーな男性はなかなかいないが、自身が考える、セクシーな男とは?」と質問をされると「そんな質問されるとナーバスになるよ……」と照れた表情を浮かべ「でもセクシーかどうかというのはもって生まれたものだと思う。父と母に感謝するね!」とコメント。さらに、「実際は草食系? 肉食系?」と聞かれた際、なぜか「コウベビーフ!」と即答して場内を爆笑させた後「相手の女性によって、草食になるときもあれば、肉食になるときもあるよ!」とユーモアとウイットに富んだ答えで記者たちをすっかりとりこにしていた。

[PR]

 本作でプロデューサーも務めるベニチオは「1941年のオリジナル版が大好きなんだ。今回は脚本にオリジナルへのオマージュも込めつつ、若い人たちに観てほしいので、よりアグレッシブに、現代風にアレンジしたよ」とアピール。質疑応答タイムが終了しても、手を挙げながら指名してもらえなかった記者を指さして「彼らの質問にも答えるよ」と気遣いを見せるなど、その気配りぶりでマスコミ陣を感心させていた。

 『ウルフマン』は満月の夜になると、凶暴な殺人鬼ウルフマンに変身してしまう男の苦悩を描くホラーサスペンス。共にオスカー俳優であるアンソニー・ホプキンスとベニチオ・デル・トロが、のろわれた宿命を背負う父子にふんするほか、映画『プラダを着た悪魔』のエミリー・ブラントがヒロインを演じる。

映画『ウルフマン』は4月23日よりTOHOシネマズ日劇ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]