きっと日本中を涙で包む!誕生から40年で初の映画化『みつばちハッチ』のポスターが解禁

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
あの かんど~うを も~う~い~ちど~♪ - (C)2010タツノコプロ/映画「みつばちハッチ」製作委員会

 1970年4月にテレビアニメとして放送開始されて以来、世代を超えて愛される名作「昆虫物語みなしごハッチ」が生誕40周年を迎える今年、『昆虫物語みつばちハッチ~勇気のメロディ~』としてよみがえった映画のポスターが解禁された。

 「みなしごハッチ」の主人公は、生き別れになった母や仲間を探して独りぼっちで旅をするミツバチの子・ハッチ。1971年12月までフジテレビ系で全91話を放映し、その後続編が作られ1989年にはさらにリメイクが作られるなど世代を超えて人気を博している物語だが、映画化は今回が初めて。(※テレビ放送したものをアニメ祭りで公開したものは含まず)映画版では母や仲間を探すという基本的なストーリーはそのままに、ハッチの物語としては初めて人間の少女、アミィが登場。新しい展開が期待される。

 今回のポスターで初披露されるのがその人間の少女、アミィだ。映画『おくりびと』の脚本家としても知られ、本作の総合プロデュースを務めた小山薫堂が「人間の世界と唯一つながっている虫たちの代弁者。この小さな女の子が虫を守る姿に共感することで、観ている人が少し優しい気持ちになってくれればうれしいなと思っています」と祈りを込めた少女は映画でハッチの心強い仲間として登場するが、ポスターでも大きな存在感を放ちながら、映画に込められた思いを世界に伝える。

[PR]

 『昆虫物語みつばちハッチ~勇気のメロディ~』は母を捜す旅の途中、森から人間の町・セピアタウンに迷い込んだハッチが虫と話すことが出来る心優しい人間の少女、アミィと出会ったことで起こるささやかな奇跡を描いた作品。

映画『昆虫物語みつばちハッチ~勇気のメロディ~』は2010年7月31日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]