吉本男前ランキング入りの男前芸人、ピースの綾部祐二「かわいいけど小さい」と言われてガッカリ!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
確かにイケメン!-ピースの綾部祐二

 13日、池袋シネマ・ロサにて、映画『喧嘩番長 劇場版~全国制覇』ヒット御礼舞台あいさつが行われ、主演の綾部祐二(ピース)、脇崎智史お宮の松西井隆詞ダブルダッチ)、田中毅(ダブルダッチ)、そして東海林毅監督が登壇した。

映画『喧嘩番長 劇場版~全国制覇』

 今作で初主演を務める綾部はお笑いコンビ、ピースのツッコミ担当で、ヨシモト男前ランキングにも選出されたこともあるイケメン芸人。多数の女性ファンが待ち構える中、登場した綾部は「みなさん半強制的な拍手をありがとうございます(笑)!」とのっけから芸人らしいコメントで会場を沸かせた。「公開から1週間経った今、周囲の反応は?」と聞かれると「観てくれたお客さんから『ちっちゃくてかわいかった』と言われます(笑)。番長役をやっているわりには華奢(きゃしゃ)なのがみなさん気になるみたいで……」と小柄なことへのコンプレックスをにじませ、隣に立つ長身の脇崎をうらやましそうに見上げていた。

[PR]

 そんな風に自虐コメントで観客を笑わせる綾部に負けじと、ダブルダッチの2人やお宮の松など、ほかの芸人キャストもモノマネやギャグを連発して会場を大いに盛り上げた。それからサイン入りグッズが当たる抽選会も行われ、彼らから直接手渡されたファンたちは大満足の表情。最後に綾部は、これから映画を観る観客に向かって「千原せいじさんが登場しても笑わないで下さい!(刑事役として)しっかり演じてくれてますので!」とメッセージを送り、ラストまでしっかり笑いをとって締めくくった。

 『喧嘩番長 劇場版~全国制覇』は番長たちがシブいツッパリを目指してしのぎを削る人気ゲーム「喧嘩番長」シリーズを実写映画化した青春アクション作。修学旅行先に集結した47都道府県の番長たちが、全国制覇を目指してガチバトルを繰り広げる様を描く。

映画『喧嘩番長 劇場版~全国制覇』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]