沢尻エリカ解禁!涙ぐみ、深々と90度のおじぎするも、6か条は撤回せず!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
どうぞよろしくお願いします! と沢尻エリカ

 16日、汐留のコンラッド東京で「2010年たかの友梨ビューティクリニック」新CM発表記者会見が行われ、女優の沢尻エリカが登場した。沢尻が2年半ぶりに公の場に登場するとあって、会場内には多くの報道陣が詰め掛けた。

 2007年9月に公開された映画『クローズド・ノート』の初日舞台あいさつで起きた一件以来、何かと世間を騒がせてきた沢尻。昨年9月に所属事務所を解雇されてからは、スペインに拠点を移し、沈黙を守ってきた。しかし、2年半の充電期間を経て、このたびアーティスト活動での復帰を発表した。桜をイメージした壇上は、ピンクに彩られて華やかな雰囲気。会見に現れた沢尻はやや緊張した面持ちで深々と90度におじぎをした。「今日はわたしがここで何を伝えたらいいのかとずっと考えていましたが、こうしてメディアの皆さんの前に立つのは2年半ぶりになります。正直、不安はありますが、どうか温かく見守っていただけるとうれしいです」とあいさつすると、会場からは大きな拍手が起きていた。会見中は時折、言葉を詰まらせながらも、穏やかな笑顔で受け答えをしていたのが印象的だった。

 たかの友梨ビューティクリニック社長のたかの氏は、「3年前から沢尻さんにCM出演のオファーを出していました。昨年の12月半ばまで、アカデミー賞を取った某ハリウッド女優の方からオッケーをもらっていたが、沢尻さんがオッケーするということで、やっぱり日本の方がいいと思いました」と沢尻起用の経緯を説明。この日にお披露目されたCMは「脱ぎ捨てよう、美しくなるために」というキャッチコピーで、全身が真っ黒にボディーペインティングされた沢尻の素肌が、CGによって次第にあらわになり、露出ギリギリ状態でアーティスティックなボディーパフォーマンスを披露するというもの。このCMについて、「撮影現場では、緊張するどころか、あまりの楽しさに興奮してしまいました。やっぱり表現することで、自分を本当に好きになる……。わたしにはそれしかないんだなと」と途切れ途切れに話すと、思わず目に涙を浮かべる一幕もあった。

[PR]

 最後のフォトセッションでは、カメラマンから多くのポージングのリクエストが起こり、次第にノリノリになっていく沢尻。帰り際に報道陣からプライバシーを許可なく報じることを禁じた6か条について、「撤回しますか?」と問いかけられると、「いいえ」と否定。会場内は騒然とした雰囲気となったが、スタッフに促されて沢尻は会場を後にした。

「たかの友梨ビューティクリニック」CMは3月 22日より放送開始

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]