「ゴシップガール」のケリー・ラザフォード、離婚条件で夫と合意

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ケリー・ラザフォード - Mike Coppola / FilmMagic / Getty Images

 泥沼の離婚劇を繰り広げていたテレビドラマ「ゴシップガール」のケリー・ラザフォードと夫ダニエル・ギエルシュが離婚条件で合意に達したという。

 レーダー・オンラインによると、ケリーとダニエルは互いに配偶者扶養費の支払いを求める権利を放棄し、養育費や財産についても合意に達したようだ。ケリーはダニエルに対し取得していた接近禁止命令も解除したというが、これについて夫のダニエルは、「ケリーが接近禁止命令を取得するために裁判所に提出した主張はでっち上げであり、証拠を出さなければならない直前に彼女は接近禁止命令を解除した。これによって彼女はでっちあげであることを認めた」との内容のコメントをし、まだまだ不満はたまっているようだ。

 二人の子どもたちの親権争いにも決着がつき、テレビドラマ「ゴシップガール」の撮影のためにニューヨークに滞在しなければならないケリーは、大手を振って子どもたちをロサンゼルスからニューヨークへと連れて行けることになったとのこと。裁判官はダニエルとケリーに、共同育児の講座を毎週受講することを言い渡したほか、プレスクール(就学前教育)で情緒的に多少の問題があることが明らかになった3歳のエルメスくんには2週間以内に小児用セラピストと会わせることを言い渡したという。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]