高田延彦「草食も肉食も男なら絶対観ろ!」の壮絶ラインナップを紹介するプレゼンターに!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
観ろ! 観ろ! 観ろ!

 TOHOシネマズのゴールデン・ウィーク映画キャンペーン向けに収録された映画紹介番組に、高田延彦がプレゼンターとして登場することが発表された。本編は全国のTOHOシネマズで4月9日より上映される。

 普段から映画をよく観るという高田がプレゼンターとして紹介するセレクションは自身が繰り広げた数々の名勝負同様、熱くて濃ゆいものをそろえた「男映画」ばかり。だがそのセレクションは高田が「それぞれテーマも、男っぷりも違う映画がバランスよくラインナップされています」と言う通り、男気全開の映画『タイタンの戦い』から、アカデミー賞作品賞候補に上がったSF映画『第9地区』、女性をデートに誘いやすい、レオナルド・ディカプリオの甘いマスクを楽しめる映画『シャッター アイランド』などと幅広く、「男一人」「男同士」で観に行く映画だけではないのもポイント。「映画は、できるかぎり妻の向井亜紀と一緒に映画を観に行く」という高田の愛妻家ぶりがそうさせたのか?

 「草食系も肉食系も絶対観ろ!」とほえる高田のラインナップは上記3作品に加え、ベニチオ・デル・トロアンソニー・ホプキンスの二大アカデミー俳優の共演する映画『ウルフマン』、アカデミー賞ノミネートでノリに乗っているマット・デイモンの最新主演映画『グリーン・ゾーン』の計5作品。バラエティーに富んだラインナップだけにどれを観ようかと迷ってしまいそうだが、ここは男らしく全部観るというのは……ダメ?

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]