「デスパレートな妻たち」のキャスト、暴力で訴えられたマーク・チェリーをサポート

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
左からフェリシティ・ハフマン、エヴァ・ロンゴリア、テリー・ハッチャー、マーシア・クロス - Evan Agostini / Getty Images

 ニコレット・シェリダンがテレビドラマ「デスパレートな妻たち」のクリエイター、マーク・チェリーに顔を平手打ちされたとして、訴訟を起こしたが、残りのキャストはマークの味方についたようだ。

 「このドラマのスタート時から参加していることは幸運以外のなにものでもないことを世間に知らせる義務があります」と、キャストは共同声明を出し、マークと一緒に仕事をすることは光栄であるとキャスト全員が思っているようだ。また、主要キャストであるテリー・ハッチャーエヴァ・ロンゴリアフェリシティ・ハフマンマーシア・クロスは、「ニコレットがどんな体験をしたのかは知らない」とコメントし、ニコレットの主張を否定することも肯定することもできない立場にあることをはっきりとさせている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]