岡村隆史、ムービースター宣言も「誹謗中傷お断り!今後は妖怪役に戻る」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
セリフが全部飛んでしまい、ドツボにはまった苦労を告白する岡村

 18日、東京・九段会館で映画『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~』のプレミア試写会が行われ、主演を務める岡村隆史吉沢悠伊藤明賢児玉絹世國村隼原田美枝子、そして李闘士男監督が出席した。

映画『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~』写真ギャラリー

 大声援を浴びながら、ステージに登壇した岡村はすっかり気を良くして(?)、「ムービースターの岡村でございます」とご機嫌にあいさつ。しかしすぐに真剣な表情に戻り、「いつもの岡村隆史と違って、真面目にお芝居させていただきました。パニックも多々ありましたが、キャスト、スタッフの方々に助けていただいた」と心からの感謝をコメント。「最初で最後の真面目なお芝居。今後は(かつて映画『妖怪大戦争』で演じたような)妖怪役に戻ろうかなと。映画についての誹謗中傷はお断りします」と上映を楽しんだ観客にアピール。岡村本人の生真面目さと本作への熱い思いがジワリ伝わり、客席からは大きな拍手が巻き起こっていた。

[PR]

 そんな岡村はクランクイン当日が、國村とのシーンだったといい、「ベテラン俳優に迷惑をかけてはいけないと緊張のあまり、セリフが全部飛んでしまい、ドツボにはまった」と苦労を告白。その夜、李監督から呼び出され、「可もなく不可もないスタートでしたね」と微妙な励ましを受けたと語り、李監督を爆笑させていた。

 『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~』は世界で初めてサンゴの移植産卵に成功するという快挙を成し遂げた、金城浩二氏の実話をベースにした感動作。サンゴの再生に尽力する夫(岡村)と、夫を支える献身的な妻(松雪泰子)の10年にわたる夫婦愛ときずなを描いている。

映画『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~』は4月24日より新宿バルト9ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]