アントニオ・バンデラスがペドロ・アルモドバル監督と久々にタッグ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アントニオ・バンデラス - Carlos Alvarez / Getty Images

 スペイン出身のアントニオ・バンデラスが、同郷のペドロ・アルモドバル監督と久々にタッグを組んで新作に取り組むことがわかった。

 1999年の映画『オール・アバウト・マイ・マザー』で国際的名声を得たアルモドバル監督だが、バンデラスとは、初期の作品であるスペイン映画『マタドール<闘牛士>炎のレクイエム』や、『欲望の法則』、またバンデラスを有名スターにのし上げた『アタメ』でタッグを組んでおり、バンデラスにとって今回の新作は古巣に戻る形となる。

 新作は『ラ・ピエル・ケ・アビート』(原題)というタイトルの復讐スリラーで、バンデラスは自分の娘をレイプされた整形外科医を演じる。アルモドバル監督はスペインの日刊紙「エル・パイス」でこの作品について「これまで書いた脚本の中で、最も厳しい状況の物語。バンデラスの演じるキャラクターはとても残忍なんだ」と語っている。撮影は、今年の末頃から行われる予定。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]