ラッセル・クロウ、激怒してラジオインタビューを途中退席!『ロビンフッド』での演技を批判

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ラッセル・クロウ - Vera Anderson / Getty Images

 映画『ロビンフッド』で主役を演じているラッセル・クロウが、怒って英ラジオインタビューを途中退席するハプニングがあった。

 WENNによると、BBCラジオ4番組「フロント・ロー」の司会者マーク・ローソンは、「君が演じたロビンフッドは、ときどきアイリッシュ・アクセントでしゃべるけど何を考えてああいうアクセントを使ったんだ?」とラッセルに質問。イギリス・アクセントで演技をしていたというプライドのあるラッセルはこの質問に憤慨し、「お前の耳はおかしいんじゃないか? あれがアイリッシュ・アクセントに聞こえるなら、お前の耳は変だ」と言い返した。

 司会者はラッセルの反応を見て話を変えようとしたが、ラッセルはそのまま続け、「あのキャラクターにアイリッシュ・アクセントがあると感じたなんて信じられないけど、まあこれは君の番組だから好きにすればいいさ」と、投げやりに。司会者は、ロビンフッドが育ったと言われる北イングランドあたりのアクセントにしようとしたのかと聞くと、「違う! おれはイタリアン・アクセントでやろうとしたんだよ。気づかなかったのか!? クソッタレ!」と、皮肉を言いながらスタジオから出て行ってしまったという。

 出て行く途中でもラッセルは「アイリッシュなまりが聞こえるなんて、何を言っているか理解できないよ」と自分の演技が批判されたのがとにかく気に入らないようだ。以前からカッとなりやすいことで知られるラッセルだが、事件を起こしてショーン・ペンのように怒りを静めるためのカウンセリングを言い渡されないといいが。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]