ジョナサン・リス・マイヤーズ、リハビリ施設に再入院!アルコール中毒を治療

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
今度こそ更生を願います!!

 最近、私生活が荒れ気味の俳優ジョナサン・リス・マイヤーズが、アルコール中毒を完全に断ち切るために自らの意思でリハビリ施設に入院したことがわかった。

映画『パリより愛をこめて』フォトギャラリー

 ピープル誌によると最近ではジョン・トラヴォルタと共演し話題を呼んでいる映画『パリより愛をこめて』に出演し、着実に俳優としてのキャリアを積んでいるジョナサン・リス・マイヤーズ。今回、以前から患っているアルコール中毒を完全に治すために、リハビリ施設に入院するためにロンドンに戻ることにしたようだ。

 ジョナサンは、2007年4月に初めてリハビリ施設に入院。しかしその後、11月にはアイルランドのダブリン空港で酒に酔って騒ぎを起こし逮捕、2009年の6月には、今度はパリのシャルル・ド・ゴール空港で酔っ払って警察に拘留されており、すっかりトラブルメーカーのレッテルを貼られてしまった。ジョナサンは「これからのキャリアのためにも、アルコール中毒を完全に治したい」と決意を語っており、常にマスコミに囲まれるスターという立場上ストレスはあるだろうが、トラブルメーカーの汚名がすすげるのか見守っていきたいところだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]