相武紗季、溝端淳平の優しさを絶賛するも、癒やしてくれた相手は栗山千明

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
まさかの…怪しい三角関係!? 溝端淳平、相武紗季、白川士監督

 27日、東京・新橋のヤクルトホールで映画『NECK ネック』の完成披露試写会が行われ、相武紗季溝端淳平、そして白川士監督が舞台あいさつに立った。

映画『NECK ネック』作品情報

 相武はテンション高めで風変わりな大学院生を演じたが、「もともとテンション高くないので、ずっと(気持ちを)アゲようアゲようと苦労しました」とコメント。また、共演した溝端が、ハードな撮影の合間にフランクフルトを焼いたり、ラーメンを作ったりと皆に優しい気遣いを見せていたことを明かすと、その話を聞いた溝端は大テレ。しかし、実際に相武を癒やしたのは、共演者の栗山千明だったそう。「普段はクールビューティーなのに、夜になると天然でかわいらしい。思わず守ってあげたくなる」とうれしそうに話していた。

[PR]

 一方の溝端は、「僕は男らしい人にあこがれる。男らしい、といえば相武さん(笑)」と語り、「相武さんは、撮影が終わると1分くらいで帰っちゃった。サッパリ帰る姿がカッコ良かった」とホレボレした様子。栗山に癒やされる相武と、相武にあこがれる溝端……。意外な三角関係が暴かれた舞台あいさつになった。

 『NECK ネック』は大学院生・杉奈(相武)が、人間の恐怖からお化けを生み出す謎の木箱「ネック・マシーン」を使って、杉奈に恋する大学生の友和(溝端)を実験台にするホラーコメディー。

映画『NECK ネック』は8月21日よりシネマサンシャイン池袋、新宿バルト9ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]