デニス・ホッパーさん、74歳で死去 『イージー・ライダー』で一世を風靡

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
デニス・ホッパーさん、ありがとう - Luca Ghidoni / Getty Images

 前立腺がんで余命わずかといわれていた俳優のデニス・ホッパーさんが29日午前8時ごろ、カリフォルニアの自宅で死去した。74歳だった。彼は家族と友人にみとられて静かに亡くなったという。

 デニスさんは昨年10月に前立腺がんであることを公表。12月にシダース・シナイ・メディカル・センターに入院するも、年が明けて今年の1月にがんが骨に転移し、余命わずかであることを友人にもらしていた。

 その後、現在の妻で結婚して14年になるヴィクトリアさんとの離婚を申請し、世間を驚かせた。しかし、離婚協議はスムーズに進展せず死の淵で妻との泥沼の離婚劇が繰り広げられた。デニスさんは生涯で5回結婚しており、ヴィクトリアさんは5人目の妻になる。

[PR]

 そんなデニスさんではあったが今年の3月にはハリウッドの星を受け、デニスさんの娘や孫、さらに1969年の映画『イージー・ライダー』で共演した盟友ジャック・ニコルソンや友人のデヴィッド・リンチ監督も駆け付けデニスさんの栄誉を祝った。

 その席でデニスさんは「ハリウッドは家であり、学校であった」とコメント。「人生のすべてを皆さんから学んだ。これは僕にとって大変重要なことだ。皆さん本当にありがとう、そしてハリウッドにも感謝します」と喜びを語っていた。

 デニス・ホッパーさんが監督・脚本・出演した映画『イージー・ライダー』は世界中で大ヒットし、アメリカン・ニューシネマの代表作として映画史に残る作品となった。また、『理由なき反抗』で共演したのをきっかけに、若くして亡くなったジェームス・ディーンと友人になり、深い影響を受けたといわれている。一時はアルコールとドラッグにおぼれるが1980年代には自らの力で克服し、精力的にテレビドラマや映画に出演していた。主役から悪役、脇役とオールマイティーな演技力で出演作は数多く、『スピード 』『ウォーターワールド』『スーパーマリオ/魔界帝国の女神』など幅広いジャンルで活躍した。最近では、ジャック・バウワーが主演の人気テレビドラマ「24 TWENTY FOUR (シーズン I)」での演技も印象に残る 。2008年より放送が始まったアメリカの人気テレビドラマ「crash クラッシュ」にも出演していた。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]