裸で歩き回るブリトニーにうんざり セクハラを理由にボディガードが退職

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ブリちゃん、プライベートもこんな姿?

 ブリトニー・スピアーズのボディガードが、裸で歩き回るブリトニーに嫌気がさし、退職をしたことが明らかになった。

 29歳の元警察官フェルナンド・フロレスはボディガードのまとめ役を務めていたが、セクハラを理由に仕事を辞め、訴訟を起こすことも考えているという。「彼女はいつも彼にモーションをかけ、それに応えなければクビになると思うようになったんです。やっとの思いで先週、退職願を出し、法的措置をとることも考えています。ブリトニーの下で仕事をするのは大変です。彼女は感情をコントロールできないので、扱うのが大変。家の中を裸で駆け回り、使用人を怒鳴り散らしています」と、元ボディガードの友人は語っている。

 フェルナンドは以前から耐えがたい職場だと感じていたようだが、ブリトニーの父親が、ブリトニーがブラジャーをしないで外出したことをフェルナンドのせいにしたときに堪忍袋の緒が切れたようだ。「フェルナンドはブリトニーに好かれていたことで余計にプレッシャーをかけられていた。彼はいいボディガードになろうと頑張ったけど、状況に耐えられなくなってしまった。彼女に下着をつけるよう言うのは恥ずかしいことだよ。言えるヤツもいたけど、ほかの人間は恥ずかしくてできなかった」とある友人は語っている。

 2008年に精神的に破綻したブリトニーは父親ジェイミーと弁護士のアンドリュー・ワレットが後見人についており、昨年12月に後見人の見直しが検討されたが、裁判官はブリトニーの精神状態が不安定であることから、後見人は続行すべきとの判断を下している。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]