マイケルさんが亡くなる日の朝「子どもたちは円陣を組んで神に祈った」専属シェフが告白

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
幼くして父親を失った子どもたちの悲しみは察するに余りある-マイケルさんの子どもたち - Pool / Getty Images

 1年前の6月25日(現地時間)、マイケル・ジャクソンさんが自宅で意識を失ったとき、マイケルさんの子どもたちのパリスちゃんとプリンスくんたちは、円陣を組んでマイケルさんの命を助けるように必死に神に祈っていたと当時マイケルさんの専属シェフであったカイ・チェイスが明かした。

 カイがザ・サン紙に明かしたところによるとマイケルさんの意識がなくなったとき「パリスとプリンスI世、プリンスII世はわたしに助けを求めにきました。パリスは取り乱していて、パパ、パパ、パパと何度も大声で泣き叫んでいました」と当時の様子を振り返った。カイはそんな子どもたちを落ちつかせ、共に円陣を組んで口々に神にマイケルさんの命を救うよう祈ったという。しかし、そんな子どもたちの祈りもむなしく、マイケルさんは搬送先の病院で同日の14時26分に死亡が確認された。

 カイはマイケルさんが子どもたちを溺愛していて、それはまるで『チャーリーとチョコレート工場』に登場するウィリー・ウォンカのように遊び心にあふれていたとマイケルさんの父親ぶりについてもふれた。マイケルさんは子どもたちを喜ばすためにシルク・ドゥ・ソレイユのサーカス団を庭に招き入れたこともあったという。そのときに撮影されたプライベートビデオをパリスちゃんは今でもときどきながめてマイケルさんを思い出しているそうだ。(Bang Meia Internatioal)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]