YouTube投稿動画をリドリー・スコット監督が長編ドキュメンタリー映画化!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
あなたの動画が巨匠の手で映画に!? リドリー・スコット監督

 動画投稿サイトYouTubeは、世界中のユーザーが撮影した2010年7月24日の日常の1コマを収めたビデオ映像を用いて、リドリー・スコット監督が長編ドキュメンタリー映画を制作するプロジェクト「ライフ イン ア デイ」を実施することを発表した。

リドリー・スコット監督作映画『ロビン・フッド』場面写真

 「ライフ イン ア デイ」は、世界で初めてユーザーによって作られる映画史上類を見ない世界規模の実験的ドキュメンタリーフィルム制作のプロジェクト。世界中から集まった投稿映像から長編ドキュメンタリー映画を作るのは、映画『ブラック・セプテンバー/五輪テロの真実』でアカデミー賞 ドキュメンタリー長編賞を受賞したケヴィン・マクドナルド監督で、映画『グラディエーター』のスコット監督がプロデューサーを務める。

[PR]

 投稿する映像はYouTubeの規約により1本あたり10分以下となるが、それ以外に特に条件はなく、2010年7月24日に撮影した1コマを7月31日までにYouTubeのプロジェクトホームページから投稿するだけ。マクドナルド監督は「2010年7月24日、我々がどんな生活を送っていたのか。『ライフ イン ア デイ』はそれを将来の世代に伝えるタイムカプセルです」と今回の試みを説明しており、何気ない日常の風景さえもが募集対象であることをアピールしている。

 完成作品は2011年サンダンス映画祭にてワールドプレミア上映され、完成作品の中で映像が採用された投稿者は共同監督としてクレジット表記される。さらにそのうちの20名は同映画祭内で予定されているプレミア上映に招待されるという。

 世界中で、さまざまな人が送る2010年7月24日という一日がどんな日になるのかは人それぞれ。どんなに平凡だと思っていても、あなたの一日がどんなに特別なものなのかを知る本プロジェクト。あなたの7月24日を将来、誰かが観る日が来るかもしれない。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]