AV女優を引退したみひろの半生を熱演した渡辺奈緒子、AV撮影のシーンは大勢の中で戸惑う

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
目力勝負!?-左から渡辺奈緒子、みひろ

 13日、シネマート六本木で映画『nude』の完成披露試写会が行われ、みひろ渡辺奈緒子小沼雄一監督が舞台あいさつに登壇した。

映画『nude』場面写真

 今年の6月にAV女優を引退し、本格的に女優の道を進むことを発表した女優みひろ。そのキュートなルックスと演技力から、女優としても高い評価を受けてきた。そんな彼女の自伝小説「nude」には、AV女優の道を選んだ真相、そこに秘められた強い決意など、彼女の笑顔に隠された不安や葛藤(かっとう)などが赤裸々に描かれている。この日のみひろは少し風邪を引いてしまったそうで、鼻声気味だったが、「小説は2年かかって書いたんですが、そのときは漫画化されたり、映画になったらすごいよね、と夢物語のように思っていました。映像化されるなんて夢にも思っていませんでした。マネージャーから映画化されるかもしれないという話を聞いて、思い描いた夢が実現するのを目の当たりにし、心の底からうれしかったです」と笑顔を見せていた。

[PR]

 そして本作でみひろ役を演じる渡辺は、「もちろんAVのシーンもあるから大変だと言われましたけど、そういうのは抜きにしても、真っすぐ歩く女性の姿にすごく引かれたし、この役を演じたいと思った気持ちを大事にしてこの役をやらせていただきました。わたしにとっていとおしい役になりました」と本作への思いを語っていた。そしてAV撮影のシーンについても、「本当のAVのシーンでは、スタッフがいる状況でしなくてはいけない。その感情を味わわせるため、監督はわざとスタッフをたくさん入れて同じ状況にしたんです。そのおかげで戸惑いました。もちろん愛情があってですが、監督はひどいなと思いました。でもとても困った表情になっていたので、監督の演出は間違いないなと思いました(笑)」と話すと、小沼監督も「今はこうやって謙虚にふるまっていますけど、実は非常に芯の強い、負けん気の強い女性なんですよ。こういう人じゃないと、みひろは演じられないと思っていました。相当いじめたけど、全然こたえないその芯の強さがよかったですね」と渡辺の度胸の良さを絶賛していた。

 そんな渡辺の立ち振る舞いをみひろも絶賛。「多くを話さず、表情だけで訴えるシーンがあるんですが、目がすてきな方だと思いました、吸い込まれちゃいそうですね」と絶賛すると、「一緒に芝居をしていたときに、何を芝居していても、見透かされているような目をされていて。わたしの方も引き込まれました」とお互いの目力を称えあう二人の女優たちだった。

映画『nude』は9月18日よりシネマート新宿ほかにて全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]