小栗旬「自分の裸を見られちゃう気分」初監督作、初日に特別な思い

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
熱い夏を忘れない!-小栗旬

 17日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで映画『シュアリー・サムデイ』の初日舞台あいさつが行われ、小出恵介勝地涼鈴木亮平ムロツヨシ綾野剛小西真奈美横田栄司吉田鋼太郎 、そして本作で初メガホンを取った小栗旬 が登壇した。

映画『シュアリー・サムデイ』写真ギャラリー

 タイトルに「いつか、きっと」という意味が込められている本作。以前から映画監督デビューを目指していた小栗は、構想に9年を費やしたという。公開前にはテレビ、紙媒体、ウェブと数多くのプロモーションを精力的にこなし、その取材数は宣伝担当者に問い合わせても「よくわからない」というほどの多さだった。

[PR]

 この日、小栗は劇場後方から客席通路を通り抜け、ステージに上がり、「まさか(お客さんに)腹周りを触られるとは」と照れながらも、その表情は少し緊張した様子。これまで俳優として、数多くの初日舞台あいさつに出席してきた小栗だが、「やっぱり違う! なんか自分の裸を見られちゃう気分」と感慨深げだった。

 この日の朝4時半まで、本作の出演者で、小栗と同じく俳優・映画監督という二足のわらじを履く竹中直人 と飲み明かしていたという小栗は、その前に小出らキャスト陣に対して、メールを送っていたのだとか。その内容は「とても熱い感謝のメールだった。思わずウルウルしちゃった」(勝地)という心のこもったものだったようだ。また、小出は「この映画が実現したのは、旬の人柄、人間としての器の大きさがあったから。ぜひ自信を持ってほしい」とお返しとばかりに熱いエールを贈った。

 舞台あいさつ終了後には、キャスト陣が小栗監督をサプライズ胴上げ。小栗は改めて、「一緒に過ごした熱い(去年の)夏を忘れない。乗っかってくれてどうもありがとうございました」と深々と頭を下げていた。

 『シュアリー・サムデイ』は、実力派俳優の小栗が、初めてメガホンを取った青春暴走ムービー。ごく普通の高校生5人が、爆弾の誤爆事件をきっかけに人生の泥沼にハマり、そこから協力して一発逆転を狙う様子をスピード感あふれる映像で見せる。

映画『シュアリー・サムデイ』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]