イケメンだけど面白い男のJOY、モデル初挑戦のさくらまやが目を合わせてくれない!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
さくらまやに目を合わせてもらえないJOY、モデルとして会場を魅了

 4日、港区白金台のアーフェリーク白金で、映画『アリス・イン・ワンダーランド』ブルーレイ&DVD発売記念イベント「帽子デザインコンテスト」が行われ、タレントのJOYSophia姉弟、そして天才少女演歌歌手のさくらまやが登場。身長差52センチメートルという異色のモデルたちが、コンテストの受賞作品をかぶっての帽子ファッションショーを披露した。

映画『アリス・イン・ワンダーランド』写真ギャラリー

 本作の世界をイメージしたデザイン画を募集し、全国から96点の応募があったという今回のコンテスト。最近では、バラエティー番組に数多く登場し、共演する芸人すらも悔しがらせる面白タレントとして人気のJOYだが、その本業はやはりモデル。この日もさっそうと歩き会場を魅了していた。「最近ではテレビの露出が増えてきて、モデルの露出が減っているので助かります。今日は本気で頑張って、今後の仕事につなげたい」と芸人顔負けのよどみない語り口で会場を笑わせていた。

[PR]

 そして、さくらにとっては今回がモデル初体験。「緊張しましたけど、頑張りました。わたしはこういう帽子をかぶる機会がないので楽しかったし、衣装もかわいくてうれしいです」としっかりとした口調でコメント。JOYは横から「まやちゃん、かわいいね~」などと言いながら、うれしそうにちょっかいを出していた。しかしさくらとの会話はなかなかかみ合わず、「まやちゃん、一回も目を合わせてくれないんですよ。僕のことを毛嫌いしているのかな~?」とJOY節全開でのぼやき。しまいにはさくらから「JOYさん、大好きですよ」と棒読みで言われる始末で散々だった。

 そしてさくらが自身のヒット曲「大漁まつり」に合わせて「アリス・イン・ワンダーランド~、皆さん観てね~」とこぶしをきかせてのPR。会場が沸いたのを見て笑いの虫が騒いだのか、早速JOYもまねして同じ曲を歌いながらのPRに会場も大盛り上がり。「僕、すぐに吸収するんですよ」と言いながらも、どこまでも笑いに貪欲なJOYだった。

 本作は、児童小説家ルイス・キャロルが1865年に発表した「不思議の国のアリス」と、その続編「鏡の国のアリス」のヒロイン・アリスの新たな冒険を、ティム・バートン監督がイマジネーションあふれる世界観で描くファンタジー。全世界での興収は10億ドル(約900億円)を超えるなど、世界を巻き込んだメガヒットとなっている。(1ドル90円計算)

『アリス・イン・ワンダーランド』ブルーレイ+DVDセット(税込み:4,935円)とDVD(税込み:3,360円)はウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンより発売中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]