SOPHIA松岡充、大の仮面ライダーファンなのに38歳にして初出演!「オファー遅くね?」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
子どものころから仮面ライダーの大ファンと公言する松岡充

 シリーズ初の全編3Dで公開される映画『仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ』の初日舞台あいさつが7日、東京・有楽町の丸の内TOEIで行われ、主人公・左翔太郎(仮面ライダーW)を演じる[[桐山漣をはじめ、菅田将暉山本ひかる木ノ本嶺浩松岡充、そして坂本浩一監督が登壇した。

映画『仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ』写真ギャラリー

  悪役である仮面ライダーエターナル役を演じた松岡は、現在38歳にして初の「仮面ライダー」出演に「(オファーが)遅くね?」と苦笑したが、映画『仮面ライダー×仮面ライダー W(ダブル)&ディケイド MOVIE大戦2010』に出演した先輩ミュージシャンの吉川晃司から「お前もとうとう仮面ライダーになったか。近々メシに行こう!」と激励のメールをもらったといい、今回の出演に胸を張っていた。また、現在闘病中のSOPHIAメンバー・都啓一と共同制作した主題歌について「人間は一人では生きていけない。これは彼(都)へのメッセージでもあるし、この曲を通して自分の大切な人を思ってくれるとうれしい」と真摯(しんし)に語った。

[PR]

 またこの日、紅一点として登壇した山本は、なぜか「なんでやねん」と書かされたスリッパ片手に舞台あいさつ。これは山本演じるヒロイン・鳴海亜樹子の「スリッパを使ったツッコミが得意」というキャラクター設定にちなんだもので、ファンにはおなじみの光景。しかしスリッパ片手に「皆さん、映画はいかがでした? わたしは泣いちゃいました」と語る山本の姿は、若干説得力に欠けたものに……。さらにツッコミが得意というキャラクターとは裏腹に、「実はさっきまで、(今が)7月だと思っていました」とボケ炸裂な素顔をのぞかせ、客席を笑いに包んでいた。

 『仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ』はAからZまでの次世代ガイアメモリ26個が突然ばらまかれた架空の町・風都を舞台に、「謎の最凶ライダー」仮面ライダーエターナルの登場によって、ピンチに陥った仮面ライダーWの戦いを迫力の3D映像で描くアクション大作。

映画『仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]