レディー・ガガ、自らの主演で映画制作に進出!?『X-メン』シリーズのブライアン・シンガーと交渉中!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ガガ様の映画が待ちきれない!

 レディー・ガガがついに映画制作に乗り出すかもしれない。自らプロデュースし、もちろん主演もガガ様本人。マイケル・ジャクソンが主演した映画『ムーンウォーカー』と、歌姫ビヨンセが主演した映画『ドリームガールズ』をミックスしたような作品を考えているようだ。

 ガガの関係者の話では、映画の世界観としては自身の大ヒット曲「テレフォン」のプロモーションビデオに近いものを考えているらしく、監督はなんと映画『X-メン』シリーズのブライアン・シンガーとすでに交渉を進めているとニュースオブザワールドが伝えた。「テレフォン」のPVは、女性刑務所に収監されたガガが、ビヨンセの協力で出所したが、レストランで客を毒殺して逃げるというストーリーで、こだわりの映像や極彩色の衣装など隅々にガガのセンスを感じる。『X-メン』シリーズで、コミックのキャラクターを見事に映画でよみがえらせたシンガー監督なら、完璧主義者であるガガの希望にも応えられるはず。歌手としてのガガと同様に映画も、思いもよらないセンセーショナルな作品で、世界を驚かしてくれる日が楽しみだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]