ケンコバ、吹石一恵&釈由美子を尻目にエロ本読むも完全スルー!気を引こうと、さらに過激なエロ本で挑発!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ケンコバ、大暴走で会場を沸かせる!

 お笑い芸人・世界のナベアツが監督デビューを果たした映画『さらば愛しの大統領』の完成披露試写会が12日、新宿明治安田生命ホールで行われ、ナベアツ監督をはじめ、主役の刑事コンビを演じる宮川大輔ケンドーコバヤシ、そして共同監督の柴田大輔が舞台あいさつに立った。

映画『さらば愛しの大統領』場面写真

 宮川やケンコバをはじめ、河本準一次長課長)、小杉竜一ブラックマヨネーズ)ら吉本の人気お笑い芸人が勢ぞろいの本作は、吹石一恵釈由美子といった美人女優や、ベテラン俳優の大杉漣など、バラエティー豊かなキャスティングも見どころになっている。普段、あまり縁のない美人女優との共演に、ケンコバは大興奮だったといい、「吹石さんや釈さんの横で、エロ本を読むというダイナミックな遊びをしました」とヤンチャな告白。しかし、吹石も釈もケンコバの遊びを完全スルーだったそうで、気を引こうと「どんどん過激なエロ本を手にしました」とあっけらかんと撮影の裏側を振り返った。

[PR]

 その後もケンコバは、「僕の役は最初、小栗旬くんのはずだった」と小ボケをかましたり、「見どころはイジメられっ子が、カンフーを教わるところ」と某映画を連想させるコメントを飛ばすなどやりたい放題。すっかり波に乗り、「僕が吹石さんのおっぱいに顔を埋めるシーンを見逃さないで」と最後までウソコメントで客席を沸かせていた。

 一方、ナベアツ監督は「ポカ~ンとアホみたいな顔で観てほしい。上映時間も短いし、『シンドラーのリスト』の逆だと思って楽しんでください」と監督デビュー作をアピールしたが、宮川から「監督なのに、撮影中に寝ていた」と暴露されると、バツの悪そうな表情を浮かべていた。

 『さらば愛しの大統領』は大阪府警のアホコンビ・早川刑事(宮川)と番場刑事(ケンコバ)が、大阪府知事に当選後、すぐさま日本から独立した大阪合衆国初代大統領・世界のナベアツ(本人)を、暗殺犯の魔の手から守ろうと奮闘する姿を描いたコメディー映画。今年3月に開催された第2回沖縄国際映画祭でプレミア上映されている。

映画『さらば愛しの大統領』は11月6日より新宿バルト9ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]