夏帆や山本裕典以上の大歓声、大人気のきな子! でも舞台上ではマイペースに大あくび

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大人気のきな子!

 14日、映画『きな子~見習い警察犬の物語~』の公開初日舞台あいさつが丸の内ピカデリー2で行われ、出演者の夏帆戸田菜穂山本裕典小林義則監督らが登壇して満員の観客に向けてあいさつを行った。

映画『きな子~見習い警察犬の物語~』ギャラリー写真

 お盆で帰省ラッシュのまっただ中にもかかわらず、客席を埋め尽くす観客に登壇者たちは驚きつつも感激しきり。清楚なドレスを着て登場した夏帆は「今日から初日ということで、不安だったりドキドキだったりいろんな気持ちがあったが、この映画は私自身とても大好きなので、皆さんに観ていただけることを嬉しく思います」とおしとやかに心境を語った。

[PR]

 一方、夏帆の先輩訓練士を演じた山本は「実は…僕は犬が苦手だったんです」と衝撃告白をして会場を驚かせる。しかし撮影を通じて犬嫌いを克服することができたようで、撮影終了後には「(撮影中コンビを組んでいた犬を)持って帰らないか? と関係者に言われましたが、お断りしました(笑)」とまだ微妙な距離感があることを明かし笑いを誘った。

 舞台あいさつの途中では、ドッグトレーナーの宮氏に連れられて犬のきな子が登壇。その愛くるしい姿に会場からは大歓声が飛んだ。普通、動物ものの映画は撮影に時間がかかるというが、宮氏はきな子の演技について「小さな犬ですが、スクリーンではそんなところを見せない大きい立派な役をしていた。100点満点をあげたいです!」と大絶賛。ところが当のきな子はあくびをしたりそっぽを向いたり、まるでひとごとのような様子に、会場は再び爆笑に包まれたのだった。

 『きな子』は警察犬試験に何度も失敗しながらも、めげずに挑戦を続ける見習い警察犬と、その訓練士を目指す女性の奮闘を描いた感動作。香川県が生んだ“ズッコケ見習い警察犬”きな子の実話を基に、『アンフェア the movie』の小林義則監督が心温まる物語を作り上げた。

映画『きな子~見習い警察犬の物語~』は本日14日より丸の内ピカデリー2ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]