吉高由里子、人生初のウエディングドレス!5人の男性と交際する女性役で2年ぶりの主役

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
仕事、プライベート含め人生初のウエディングドレスです!-吉高由里子

 5人の男性と交際しながら彼らを査定していくという婚活喜劇映画『婚前特急』が吉高由里子主演で2011年春に公開されることがわかった。吉高にとっては映画『蛇にピアス』以来2年ぶりの主演映画となる。本作で吉高は、時間を有効に使うべく5人の男と付き合うという恐いものナシの24歳、主人公のチエを演じる。実は結婚する気などさらさらない彼女がふとしたきっかけで5人の彼氏を査定していくうちに、一人、また一人とすれ違い、幻滅し、結果、最もサエない男性が本当の相手だったことに気づくというキュートな結婚喜劇。

 ゴマタをかけながらも憎めないチエをはつらつと演じる吉高はこの役について「5人の男性と同時に付き合うのは私生活ではできないので、お芝居の場を借りていい体験をさせていただいたと思いますが、ちょっと体力と根気がいりました」と私生活を振り返り、未知の体験への挑戦を語った。また、ウエディングドレスについて「ウエディングドレスはプライベートでも仕事でも着たことなかったのでウキウキしました。ウエディングドレスはいい経験でした。婚前特急、全力で頑張りましたので、いろんな恋愛の形を見てもらえればうれしいです。よろしくお願いします!」と人生初のウエディングドレス体験への喜びを語った。

 査定される男の一人、タナシには、インディーズ・シーンで熱狂的なファンを持つバンド「SAKEROCK」のハマケンこと浜野謙太。さらに杏、石橋杏奈榎木孝明青木崇高、さらには加瀬亮といった魅力的なキャストが脇を固めている。

[PR]

 また、主題歌には、この映画の為に書き下ろしたmonobrightの新曲が起用される。本企画は、LISMOの携帯オリジナルドラマからスタートしたプロジェクトで、チエが17歳時の物語「婚前特急~ジンセイは17から」はすでに配信済み。2011年1月の公開直前には21歳時の物語「婚前特急~ジンセイやっぱ21から」も配信決定している。

 監督は自主映画作家として注目を集める新鋭・前田弘二。その自主映画作品はテアトル新宿等でも特集上映が組まれ、2009年にはドイツ・フランクフルトで開催された映画祭「Nippon Connection2009」において、「Koji Maeda Special」と題された特集が組まれるなど、国内外から注目されている監督だ。

映画『婚前特急』は、2011年春、テアトル新宿ほか全国

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]