ジョージ・マイケル、薬物の影響下での運転で罪を認める

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
法廷の前で関係者やマスコミに囲まれるジョージ・マイケル - Peter Macdiarmid / Getty Images

 ジョージ・マイケルが7月にロンドンで車を写真店の店先に突っ込んだ事件で罪状認否が行われ、ジョージは薬物の影響下であったことを認めた。

ジョージ・マイケル出演映画『ジョージ・マイケル-素顔の告白-』場面写真

 治安判事裁判所に出廷したジョージは、薬物影響下で運転をしていたことのほか、大麻を所持していたことを認めたという。事故の詳細を聞いた裁判官はジョージに半年間の免許停止処分をその場で言い渡したとのこと。刑は後日言い渡されるが、裁判官は2007年で有罪となった事件の際の社会奉仕活動によるマイケルの進展具合を検討する予定のほか、処方せん薬による影響なども考慮するつもりのようだ。

 15分の審理の間、罪を認めた以外は口を開かなかったジョージに対し、裁判官は実刑判決もあり得ると警告をしたという。ジョージは2008年にコカインと大麻所持で逮捕されているほか、その前年には運転に適していない状態で車の中でぐったりしているところを逮捕され、100時間の社会奉仕活動を言い渡されている。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]